【第9回】Running with MUSIC【heavenly】【前曲レビュー】

【第9回】Running with MUSIC【heavenly】【前曲レビュー】

今日はガラッと気分を変えて走った

いつもとは違う感じで行きます

今日の1枚

アーティスト:L’Arc~en~Ciel

L’Arc〜en〜Ciel – Wikipedia

アルバム:Heavenly

前に他記事でも言いましたが、高校行ってた頃に好きだったバンドです

ヴィジュアル系の感じが抜けてきて、メジャー寄りになった通算3枚目のアルバム

では、いきます

前曲レビュー

1.Still I’m With You

カットインからtetsuのランニングベースがブンブン唸る

幕開けに似合う曲

2.Vivid Colors

先行してシングルが発売されてたはず…前曲を踏襲し勢いと空間そのままに、正にビビッド鮮やかな音が回る

3.And She Said

ハードロックな曲調、この曲のPVでハイドが黒いタバコ吸ってて真似して吸ってたなぁ

途中入るティンパニの音が風格を後押し

4.ガラス玉

波音から始まり壮大な世界観へと広がる、ただのバラードとは言えないオーケストラにもにた豪華さ空間の広がりを感じる

5.Secret Sign

パンクチックな曲に不釣り合いなアコーディオンしかし、なぜかバッチリはまる

個々の音作りが秀逸

6.C’est La Vie

ポップロック、カフェで待ち合わせをしているかの様

ベルの音はクリスマスっぽい

7.夏の憂鬱

コチラは後にシングルカットされた曲、さみしくむせび泣くギター

ピアノの調べも一層と憂鬱を感じさせる

8.Cureless

V系の色が濃く残る曲、歌詞も抽象的に比喩する

9.静かの海で

アカペラとSEから入る、コーラスインした後は、まるで讃美歌

ラストはつぶやくように歌うhydeが印象的

10.The Rain Leaves A Scar

ハードなサウンドで終始、圧倒の演奏

物足りなさを感じたまま、後ろ髪をひかれるかの様に終わる

総評

構成がしっかりしているので、全曲通して聞いても飽きがこない

雰囲気は違うのにどれをとっても自身らの色が出ている作品

オススメは4.ガラス玉

壮大な感覚に飲み込まれる、ぜひライブで聴きたい

飽きが来ないのでランにもおすすめ!

あとがき

昔から何度となく聞いてるから捗った

たまには、こういうアーティストを取り上げるのもありだな

音楽-全曲レビューカテゴリの最新記事