【HIPHOP】みんな覚えてる?KjとZeebraのビーフ?ぽいやつ【BEEF】

【HIPHOP】みんな覚えてる?KjとZeebraのビーフ?ぽいやつ【BEEF】

ネットを徘徊してて、そういや昔、zeebraがDragon ashのKjをdisった件があったよなーと思って、その件についていろいろ調べてみたのでまとめてみます。

ひとまず

KjとZeebraを紹介

Kj(降谷健志)

日本を代表するといっても過言ではないミクスチャーバンドDragon Ashのフロントマン、ボーカル・ギター

俳優:古谷一行の息子、嫁は元グラビアアイドルのMEGUMI

Zeebra

フリースタイルバトルのTV番組「フリースタイルダンジョン」のMCで今は有名かな

日本でHipHopをメジャーと言える域にまで押し上げた立役者のひとり

今でもHipHopの振興のためにHipHop専門ラジオチャンネルを立ち上げたりと、ジャパニーズHipHopの歴史には欠かせない存在

発端

2人の出会いはZeebraが自身の音源「真っ昼間remix」への参加を打診したところから始まってます。

その後、逆にKjの方から「Greatful Days」への参加をオファーされます

Zeebraはこれを快諾、そしてこの曲は大ヒットします

この曲でHipHopが世に広まったといっても過言じゃありません

そのせいか、KjのDragon Ashの楽曲がHipHop寄りになっていきます

そのことで少しずつZeebraはKjに対して違和感を憶えるようになった

Zeebra丸パクリ?「Summer Tribe」


評価は様々ですが、この曲のスタイル・フロウ・ステージングから声に至るまでZeebra丸パクリだったKj、この曲が2人の仲たがいを決定づけました

そして、Zeebraは名指しはしないもののKjをdisしてると、とれる内容の楽曲を次々にドロップしていきます

公開処刑

そして遂にZeebraが過去に組んでいたユニット「キングギドラ」の再結成の際、発売されたアルバム「最終兵器」の中の『公開処刑』という楽曲の中でKjを名指しでdisし文字通り公開処刑しました

名指しで批判されたKj

この曲、当時すごく話題になったのを覚えています

Kjの反応

Kjはこの曲の発表を真摯に受け止め、アンサーソングや反応をしないこと

そして「公開処刑を受けとめて生きていく」と明言しました

それ故か、Dragon Ashの楽曲からはHipHop的要素が少なくなっていきます

Liveでも、あの頃の楽曲はほとんどやらないようです

和解

2人が直接和解したような情報はありませんが、Zeebraはもう何とも思っていないようです。Zeebraの自伝で騒動後の楽曲はオリジナリティがあってイイとも語っているようです。

まとめ

この騒動も、「Summer tribe」でKjがやっちゃった感は否めないよね

でも好きが高じて似ちゃうってのは分かる気もするけど…

おれはZeebraもDragon Ashも大好きだから、今後2人が交わることは無いにしても、いい楽曲たくさん聴かせて欲しいと思います

音楽-HIPHOPカテゴリの最新記事