【漫画】私の人生を変えた『リアル』【マンガ】

【漫画】私の人生を変えた『リアル』【マンガ】

中学・高校とバスケをやってました。

中学でバスケ始めてから当時流行った

『スラムダンク』

何度読んだだろう。

その流れで、『バガボンド』読んで画力に圧倒された。

でもね、『リアル』だけは読まなかった。車いすバスケってだけでね。

暗い話なんだろうなぁって。

でも今の嫁さん。当時は彼女がすっげー薦めてくるから読んでみた。

読んだ頃は多分7,8巻くらいまででてたかな。

衝撃というか、もうたまんなくて私を変えるほどの漫画だった。

漫画の内容

極力、ネタバレしたくないので端的に。

事故で変わってしまった人生

でも車いすバスケを通して「再び」変わっていく人生

って感じかな。

まぁ現在は絶賛休載状態なのですが…

『リアル』がなぜスゴイのか

自分を投影できる登場人物

登場人物が、とにかく生きてりゃぶつかるような壁に苦悩したりする。その姿が正に『リアル』で心をかなり揺さぶられる。自分のことみたいに。

そんな登場人物の中でも主人公級の野宮ってのが出てくるのですが、そいつの生き方があまりに鮮烈で漫画のキャラなのに憧れすら抱いてます。

苦悩からの目覚めだったり、葛藤からの転落だったり、人の領域にズカズカと入っていく性格だったり私には出来ない行動が多すぎて、ホントにこんな男になりたい!と思う。

作品中に登場する名言

心を揺さぶる名言がスゴイ。

もう鷲掴みにされて私は涙がとまらないです。

その中からひとつだけ軽めのものを紹介

『口を閉じて動け!いつか来るできるようになる瞬間まで』

作品の流れの中で読むとスゴイ名言なんだけど、この言葉だけだと微妙?

だって、これってパッと見、意味わかんないですよね。

でも、こんな経験ないですか?

何かを習得しようとしてて、できなくて、けど出来るようになりたくてトコトン練習してると、さっきまで全然できなかったのに

次の瞬間、急に

「うわっ出来た」

ってビックリしちゃったこと

私はそんな経験を思い出してゾワゾワ~って鳥肌たっちゃいました。

努力を続けることの大事さを表した名言。

こういうハッと気づかされる言葉が散りばめられてます。

まとめ

このふたつでやられちゃう漫画です。

人生に必要なものは、この漫画で学べますって言っても過言じゃないくらい影響ある漫画だと思ってます。

道徳(今でも授業あるのかな?)の教科書に載せてもいい!

私は絶対自分の子供に絶対読ませます。

その位スゴイ漫画です!

ぜひ一度読んでみてください。

漫画カテゴリの最新記事