【レビュー】『SPIBELT(スパイベルト)』ランニングポーチ【ウエストバッグ】

【レビュー】『SPIBELT(スパイベルト)』ランニングポーチ【ウエストバッグ】

ランニング時に小物を収納し装着しながら走れるランニングポーチ

でもランニングポーチって少しの揺れでも「鬱陶しい!」ってなってしまいますよね。

今回紹介する『SPI BELT(スパイベルト) BASIC』は揺れが気になって、いくつものランニングポーチを買っては使わなくなっていた私が愛用しているフィット感に特化したランニングポーチ(ウエストバッグ)です。

では早速レビューします。

SPIBELT BASICレビュー

全長は最長約113cm

一番短くすると約72cm

使用している期間が長いため新品のものより伸びているかも。

バックルはテープバックル

装着はこのカチャコンでワンタッチ。

ベルトはゴムのような伸縮性あり。

左右両方のベルトに長さを調節するアジャスターが付いている。

今、長さを図るためにアジャスターで調節しましたが、割と素直に動いてくれます。

両方のベルトの長さが調節できるのでカチャコンとポーチの場所を自分好みにできます。(カチャコンは真ん中だけどポーチは左寄りとか右寄りとか)

容量

私はいつも携帯(スマホ)と家のカギを入れていますが、この他にもリップや目薬などの小物は2~3個入ると思います。

BASICですとペットボトルは正直キツイかなと。重さに耐えきれず揺れもひどくなると思われます。他のラインナップだとペットボトルOKなものも(詳細は後述)

商品展開

カラーバリエーションが

なんと28色!

ラインナップも豊富で、その中からランニングや他のスポーツに使えそうなものを少しだけ紹介します。

容量を多くした『LARGE』

この『LARGE』ならペットボトルも収納可能

更に進化し大容量、ヒップバッグとしても使える『MESSENGER』

中にメッシュの仕切りが追加されベルトの幅もアップ

小物のみなら『BASIC』

ペットボトルなら『LARGE』

よりたくさんなら『MESSENGER』かな

使用中のポイント

まずランニングに使用する前にベルトの調整をしてください。

ベルトはきつくない手前まで絞めること。

ポーチのポジションはお好みで。ですが腰より下に装着すると揺れの原因に。

SPIBELT(スパイベルト)まとめ

私はSPIBELTを使い始めてから、揺れが全くと言っていいほど気にならなくなりました。

フリーで走れる感覚の気持ちよさはモチベーションにもつながります。

値段もお手頃、1年ほど使用していますが破損もナシとコスパもいいのでかなりオススメです!

ランニングカテゴリの最新記事