【iQOS】加熱式タバコと電子タバコの違い【VAPE】

検証

一昔前に煙じゃなく蒸気を吸うとのうたい文句で出てきた電子タバコいわゆる「VAPE」
それとは別の昨今すごい勢いで広まりつつあるiQOSなどに代表される「加熱式タバコ」

『何がどう違う?』

と思われる方も多いのではないでしょうか。

私の周りでもほとんど同じ物と認識されている方が多いように感じますが、実際はほとんど別物です。
その違いとVAPEというものを詳しく紹介していきます。

電子タバコとVAPEの違い

まずは、その違いですが

その前に、タバコ・電子タバコ・VAPE・加熱式タバコ・iQOS

この辺の区別をつけるために整理したいと思います

まずは

タバコ

先端に直接、火をつけて紙に巻いたタバコの葉を燃やし煙を吸います。(パイプでも吸いますが…)

日本はこれ↓が主流ですよね

f:id:gothamz:20170703102224j:plain

これはわかりますよね

次は

電子タバコ

なんですが、区別する為にはここが肝です。
普通のタバコはライターなどの『火』を直接使いますが、その『火』を使わず『電気の力』で加熱するタバコをまとめて

「電子タバコ」

と呼びます。

その電子タバコと呼ばれるものの中にiQOSなどに代表される「加熱式タバコ

「VAPE」といわれる物があります

加熱式タバコ

日本ではフィリップモリスから発売されている『iQOS』が有名ですね。
タバコの葉をペースト状にしたヒートスティックなるものを器具に差し込み電気で加熱し蒸気を吸うタイプです。

気になる成分ですが、ほとんどタバコと変わらないようです(原料はタバコの葉ですしねw)
ですが、タール・ニコチンなどは普通のタバコの燃焼時における吸い込みに比べると多少は少なくなっているのではと推測します。

販売元も体への影響など低下しているとしています。
実証もされているようですが、信頼にあたいするかは、少し疑問が残りますね。

VAPE

主に『リキッド』と呼ばれる液体を器具に注入しそれを加熱、気化した蒸気を吸います。

f:id:gothamz:20170703110306g:plain

参照Private GIF

▲こんな感じ

特徴としては、器具の種類や吸い方によってはすごい煙(蒸気)の量です。
吸い応えは普通のタバコと変わりません。

しかし決定的に違うのが、日本で流通しているほとんどの『リキッド』にはニコチンが含まれていないという所です。

それは、日本ではニコチンを含む『リキッド』の販売が法により禁止されているからなんです。
もし、購入したければ個人で輸入するしかありません。

最近では代行輸入してくれるサイトも存在するようですが…

そこで

VAPEはタバコの代わりになるのか?

について考えます

まずは一番気になる

体への影響

はっきり言うと安全性はグレーなようです。
原料に発ガン性のあるものが使われていたとの報告もあるようです。

しかし、主に使われている成分は

プロピレングリコール→人体への毒性はないみたいですがアレルギー反応がでる人も稀にいるようです

植物性グリセリン→植物から抽出した自然由来の成分

となっていて安全性もそれなりに確保できているように思います。

吸う場所

これが少し難しいんですが、やはり煙が出ているように見えるので「VAPE」を知らない人がみればタバコと変わりないように感じると思います。なので、やはり喫煙可となっている場所で吸うのがマナーかなと思います

コスト

『リキッド』の値段はピンキリですが安いものでは一本¥500以下、国産のものは一本¥1000~¥2000で手に入ります。

それがどのくらい持つかが重要ですよね。

吸う頻度にもよりますが、私の場合1日に5~7回、3分程度、吸う感じで月に『リキッド』1,2本で済みます。

タバコを1日一箱吸うと考えれば月にかかる費用は

タバコ1箱  ¥  460x30日  →¥13,800

リキッド1本 ¥2000x月2本→¥4,000

高く見積もってもタバコの3分の1で済む計算になります。

持ち運び

これがVAPEは結構たいへんです。

タバコはタバコそのものとライターで済みますが

VAPEはまず「VAPE本体」

更にリキッドをたくさん充填できる器具ならいいんですが、物や吸い方によっては『リキッド』が切れることが予想されるので『リキッド』を持ち運ぶことになります

それと最近のVAPEは充電式が多いので充電切れを想定して「充電器」が必要です。

  • VAPE本体
  • リキッド
  • 充電器

この3つは少なくとも持ち運ぶ必要があると思います。

これが結構な荷物になるんですよね。

まとめ

VAPEの持ち運びさえ気にならなければVAPEは十分タバコの代わりになると思います。
持ち運びをスタイリッシュに楽しむケースやバッグもあるので、そういう楽しみ方をしてみるのもアリ。

注意点

ここまで話をしてきましたが、VAPEの『リキッド』はタバコと違い

専売されておりません。

どういうことか、というと「タバコ」は一つの企業が独占して販売しています。
その為、流通している商品は一定の品質や安全性が確保されています。

一方『リキッド』は言ってしまえば誰でも販売できるので、中には粗悪な商品が流通している可能性もあります。

「リキッド」は体内に入れるものなので、今一度、自分自身で吟味して自己責任で楽しんでもらえればと思います

禁煙

VAPEを禁煙にむけて使ってみるも良し、趣味としてタバコとは別に使ってみるもアリだと思ってます。
VAPEってトリック(タバコでいう輪っかを作るのもっと派手な奴)なんかもあるので今後も紹介していきます。

私はこれで禁煙しましたよwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました