おい!ちょっと待て「ヒゲ」貶めたいだけだろ?

今日の早朝、とあるニュースサイトを覗いてみると…
「口ヒゲは犬の体毛より汚い」とのニュースが▼

男性のひげは犬よりも細菌だらけとの調査結果 スイス研究 - ライブドアニュース
ひげ自慢の人にとって残念な、スイスの研究による調査結果が発表された。犬よりも、男性のひげの方が細菌だらけなことが分かったという。調査した教授は「ひげの男性よりも犬の方が清潔だと言えそうだ」と話した

ギョッとした。
ヒゲ好きからすると、とんでもないニュース。
ソース辿ったら「BBCニュース」でした▼

人間のひげ、実は犬よりばい菌だらけ=スイス研究
ひげ自慢の人にとって残念な研究が発表された。

でも、このニュース、ヒゲを貶める為だけに流されてないですか?
詳しく書いてある記事はコチラです▼

ヒゲの男性、犬より多くの細菌
ヒゲの男性、犬より多くの細菌のニュースを紹介

ソースが明記されていないようですが、内容や日付が近いことから同じニュースを取り上げていると推測します。
もともと私は犬好きで犬を不潔だと思ったことはありません。
しかし、このニュースは犬を引き合いにだし「ヒゲ」を異様に貶めていると感じます。
なので反論記事を書きたいと思います。

疑問

先に私が不公平だったり調査の方法として疑問に思った箇所を上げていきますね。

疑問①人間は「ヒゲ」犬は「体毛」

口の中には常在菌が多くて、その数が便器並みなのは知ってますか?
口の周りの毛だから喋れば唾液も飛ぶでしょう。食事をすれば汚れることも考えられます。
もちろん犬だって口で餌を食べます?
ではなぜ対象部位が人間は口の周りのヒゲで、犬は体毛なのでしょうか?

疑問②調査対象の数

もともと別調査の過程で出てきた結果なので調査対象の総数が違っています。
調査対象は人間18人。犬30頭。

疑問③微生物の数の定義

反論②で書いた調査対象の内、すべての人間と、犬30頭中23頭に大量の微生物が発見された。
とありますが、大量のなのは総数なのか、微生物の種類の数なのか曖昧です。
特にBBCの記事では「人間の男性のヒゲの方が細菌だらけだった」と何も示さずに報じています。

疑問④犬から検出された微生物の危険性は?

犬と人間は共存していますが種が違います。そのため体内、皮膚などに常に存在する常在菌の種類も違います。
では、なぜ人間の場合、半分の微生物は人体に影響を及ぼすものでは無いと触れられているのに、犬に至っては言及すらされていないのでしょう?

主張

私はヒゲの細菌の多さが量であれ種であれ、上記で書いたように口の中の細菌がヒゲに付着したり食事の時の汚れだと思います。
それと、もう一つ。ヒゲを生やすと長さによりますが手で触れたくなるものだというのも関係していると思います。
手に付着している細菌の量はものすごく多いです▼

1cm×1cmの面積に39,000個から4,600,000個もの細菌が付着しています。


https://matome.naver.jp/odai/2137068566345746201

当たり前ですよね。手はあらゆるものに触れてますから。
だったら細菌が付着しているものは他にもたくさんありますよね。
髪の毛だったり、メガネだったり、それってもうクセですよね?触るの。
一概にヒゲだけ不潔とは言えないんじゃないでしょうか。

本格的にヒゲを対象として調査したわけじゃないのに適当に見つけてきて数値も提示せず、あたかも犬が不潔であるかのように引き合いに出し「ヒゲ」を不潔!と、なぜ断じるのか。

ヒゲが清潔である!とは思ってません。長ければ長いほどヒゲも不潔になっていくのも事実でしょう。
だからヒゲ男は「ヒゲ」に気を使うんです。
ヒゲを清潔に保とうとしているヒゲ男がここにいるんです。
ヒゲを愛する者がここにいるんです。

まぁ、このくらいでヒゲ愛が薄れるようなタマじゃないですけどね笑

最後に一言

「ヒゲ男よ清くあれ!」

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました