【RAP】HIPHOPにおける生まれ年による葛藤【年代】

【RAP】HIPHOPにおける生まれ年による葛藤【年代】

1978年(昭和53年)

俺もこの年に生まれた

俺も、ということは今から書く人物たちもこの年に生まれてる

日本の所謂ジャパニーズヒップホップにおいて

78年生まれは奇跡の年代と言われることがしばしばあるけど

とにかくこの年に生まれた人たちがすげぇんだわ

その中でも衝撃的で同い年なのに憧れを抱いた

偉大な男たちを紹介

78年生まれの偉大な男

般若

最近じゃフリースタイルダンジョン(簡単にいうと即興ラップで対決する番組)にも

ラスボスとして出て有名かも。

この間なんか、その番組の仲間とMステにまで出ちゃった

有名な曲は「やっちゃった」なんかがあるけど

個人的に般若の良さは狂気と熱さが混ざってるところ

俺のオススメは

般若 – サンクチュアリ

フリースタイルも曲もなところは般若だけ

韻とブレイクの取り方が独特過ぎ

RYUZO(MAGUMA MC’s)

レーベルR-RATEDの主催

とんねるずの木梨とZEEBRAが街ぶらしてるTV番組に出てた記憶がうっすらあるw

RYUZO見たのはそれがはじめて

んーこの人は哀愁というか代弁者というか

何とも言えない少しだけ荒れてるような若者の日頃の鬱憤を

触ってくる曲を作るアーティスト

また次、聞いた時に俺の人生間違ってなかったって思いたいってなる

MACCHO


この曲このラップに、このスタイル

おれの好みじゃないが、これでやれてたのが逆に当時は衝撃的だった

それもまた奇跡

そして、

横浜のOZRO、京都のMAGUMA MC’s、名古屋のM.O.S.A.D

と共に結成した

YOUNG GUNZ


マジかっ!って思ったね当時

俺も入れてくれ

って思ってた

これが同い年だもんなぁ

HIPHOPやってた者として幾度となくこいつらに才能の無さを叩きつけられたし

逆に、ここまで来てみろって何度、叩き起こされたか

結局は夢破れての”今”があるんだけどね

最後に

あれ?モサドは?って思った?

あの3人には特別思い入れがあるんで、次の機会にじっくり書こうかな

フリースタイルダンジョンのおかげで

にわかにラップが盛り上がってるけど

そっから曲まで聞いてくれる流れになるといいなぁ

音楽-HIPHOPカテゴリの最新記事